エナエナももいろ相談室
友だち追加数

からだのこと、性のこと、悩める女の子へ。
妊娠・性感染症・デートDV…
保険証が要らない"気になること"を相談する場所

妊活!

もうそろそろ、妊娠を考えたい。
今ではないけれど、未来の“いつか”には妊娠、出産を考えている。
人によって様々ではありますが、『妊娠』に向かって何をしたらいいか?
今すぐの妊娠を考えている方も、今すぐではないけれど、未来の妊娠を考えている方にも知っていて欲しい、妊娠する前にしておきたいこと。

 

妊娠は、卵巣から排卵された卵子と、射精された精子が卵管膨大部で受精し、受精卵となって卵管から子宮に移動し、子宮の中に着床することによって成立します。


 

 

妊娠前にしておきたいこと

婦人科検診

風疹抗体価検査

結婚

禁煙

適正な体重にする

葉酸の摂取

妊娠の適齢期を知っておく

 

婦人科検診

婦人科の検診は受けたことがありますか?最後に検診を受けてからどのくらい経過していますか?
婦人科検診とは、子宮頸がんの検診、エコー検査が一般的ですが、妊娠を考えるのであれば、クラミジア・淋菌の性感染症のチェックもしておきましょう。

 

子宮頸がん検査

子宮頸がんの初期は無症状です。セックスの経験があれば誰でもなりうるがんです。
タレントの向井亜紀さんは、結婚6年目にして妊娠。妊娠の喜びも束の間、その後すぐに子宮頸がんの宣告を受け、最初は子宮の入り口のみを切除する手術を受けましたが、結果、思っていた以上に広範囲にがんが進行していることがわかり、妊娠16週で赤ちゃんと子宮と周囲のリンパ節を同時に摘出する手術を受けました。その後、代理出産という形で双子をもうけましたが、「子宮頸がんの検診を受けていたら...」とどんなに思ったところで過去に戻ることはできません。最低でも2年に1度受けて欲しい検査です。

 

エコー検査

会社の健診で子宮頸がんの検査をオプションでつけることができて、2年に1度(1年に1度の場合もあります)子宮頸がんの検査を受けていても、エコー検査までしている人は本当に少ないです。稀に卵巣がんの検査とオプションでつけることができる場合もありますが、殆どは子宮頸がんの検査のみです。
これだと、あなたの子宮や卵巣に病気がないかどうかはわかりません。子宮頸がんの検査はできても、です。子宮や卵巣に内膜症がないか?卵巣は腫れていないか?筋腫はあるのかないのか?子宮・卵巣に病気があるのかないのか、それをみるのがエコー検査です。子宮頸がんの検査とはセットで考えましょう。

 

性感染症検査

クラミジアは性感染症ですが、女性が感染していたとしても、無症状のことが多く、実はこっそりクラミジアに感染している場合があります。知らずに放置していると、子宮頸管から卵管まで感染が拡がり、卵管炎となり、卵管や卵管周囲が癒着し不妊症の原因となる場合もありますので、一緒に検査をしておきましょう。

 

費用は、初めて婦人科を受診し、子宮頸がん検診+エコー検査+性感染症検査のみであれば7000円でおつりがくるくらい、と考えてよいでしょう。

ページの先頭へ

 

 

風疹抗体価のチェック

これは採血での検査です。

風疹は妊娠中、特に妊娠初期に感染すると、お腹の赤ちゃんに白内障、難聴、心臓疾患など(先天性風疹症候群)が現れる可能性があります。
日本では平成24年10月~平成26年の10月までに、先天性風疹症候群の赤ちゃんが45人生まれています。そのうち7人が亡くなっています。ワクチンさえ打っていたら防げる病気です。
これからの妊娠を考える女性は、風疹の抗体価をチェックしましょう。採血検査の結果で、風疹の抗体価がない、もしくは抗体価が低い場合にはワクチンを接種しましょう。ワクチン接種後は2ヶ月間の避妊が必要です。

ちなみに、妊娠中はワクチンの接種ができません。「風疹の抗体がないので気をつけましょう」、と言われても、風疹に罹っても約15~30%の人は症状が出ない不顕性感染と言われています。また、症状が出る2~3日前から感染力があると言われていますから、誰が風疹なのかわからないこともあるのです。生まれた子が先天性風疹症候群だったママは、どんなに自分のことを責めるでしょう。「自分がワクチンを打っていたら…」そんな思いをするママや家族が増えてほしくないのです。
この検査は、未来の妊娠を考える女性にもおすすめします。知らないうちに風疹に感染して、誰かにうつしてしまわないように。

採血のついで、とは言いませんが、気になる方はHIVの検査も一緒にしておいても良いでしょう。 『感染していない』ことを確認する、というのも大事なことです。

 

〈厚生労働省〉風疹予防啓発リーフレット(PDF)

ページの先頭へ

 

 

結婚

今は、デキ婚率約25%と全く珍しくはないのですが、職業柄、
「結婚する予定だった」
「妊娠したら結婚する、という話だった」
という残念な話しを涙ながらにする女性を前にしていると、やはり結婚は先にしておいた方がいい、と思わざるを得ません。

・結婚していて
・赤ちゃんが来てもやっていける経済力があり
・自分が妊娠を望んでいて
・相手も同じように妊娠を望んでくれていたら、

まずはWelcome!な状態で赤ちゃんを迎えられると思うのです。
誰が反対することもなく、みんなが「おめでとう!」と迎えられる周囲の環境も大切ですよ。

ページの先頭へ

 

 

禁煙

北海道は、女性の喫煙率1位の座にずっと君臨し続けていますが、これから妊娠を考える女性にとっての喫煙は、「百害あって一利なし」です。日本産婦人科学会による産婦人科診療ガイドライン-産科編2014では喫煙について下記のように書いてあります。
妊娠中喫煙は妊娠・出産・児の健康に悪影響を及ぼす可能性があるので禁煙を指導する。疫学研究では以下の悪影響を指摘している。

・不妊症を増加させ、
・子宮外妊娠発生率を2倍高める
・ヘビースモーカーの流産率は非喫煙者の約2倍
・頸管無力症、切迫早産、37週未満の前期破水、早産及び妊娠33週未満の早産、絨毛羊膜炎、常位胎盤早期剥離、前置胎盤(2~3倍)の頻度を増加させる。

児への悪影響も、
・口唇裂および口蓋裂、先天性心疾患、手足の欠損、腹膜破裂なども増加させる。
・喫煙本数に応じて児体重は抑制される。
・喫煙は死産率および乳児死亡率を各々約2倍増加させる

妊婦・母親の喫煙、小児の受動喫煙は、
・小児の乳児期での死亡、乳児突然死症候群(SIDS)、呼吸器感染症、中耳炎、小児喘息、神経行動学的効果(行動異常、注意欠陥・多動性障害、学習障害、および喫煙)、肥満、血圧高値、糖尿病を増加させ、小児の健康も害するので、喫煙妊婦には禁煙を指導するのがよい。

とあります。産科やNICUにいる医師、助産師、看護師にとっては「どうにか、そうならないで欲しい」と祈らざるを得ないことばかりが並んでいます。 妊娠してから禁煙する、ではなく、妊娠に気づいた時には、赤ちゃんの重要な部分はもう出来始めていますから、“今から”禁煙を始めましょう!

ページの先頭へ

 

 

適正な体重にする

日本産婦人科学会による産婦人科診療ガイドライン-産科編2014によると、「妊娠前の体格と予後」について、

1)やせ女性(BMI<18.5)は切迫早産、早産、および低出生体重児分娩のリスクが高い傾向がある。
2)肥満女性(BMI≧25)は妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、死産、巨大児、および児の神経管閉鎖障害などのリスクが高い傾向がある。

とあります。
BMI(Body Mass Index)とは、体重(Kg)÷身長(m)✕身長(m)で算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数で、肥満の判定基準は国により異なりますが、日本肥満学会では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI:22を標準体重としており、25以上の場合を肥満、18.5未満をやせ、としています。実際、痩せすぎていても、太りすぎていても、排卵がうまくいかず生理不順になることがあります。特に急激な体重減少による無月経、月経不順は放置せずに婦人科を受診しましょう。
BMI25以上の方は、妊娠に向けて健康的なダイエットを、BMI18.5以下の方は、これから来てくれる赤ちゃんの健康を考え、適正体重の範囲に入るようにしていきましょう。

ページの先頭へ

 

 

葉酸の摂取

日本産婦人科学会による産婦人科診療ガイドライン-産科編2014において、葉酸摂取について
1)市販のサプリメント類によって1日0.4mg(400μg)の葉酸を妊娠前から摂取すると、児の神経管閉鎖障害発症リスクが低減することが期待できる。
とあります。
神経管閉鎖障害は、先天性の脳や脊柱に発症する癒合不全のことをいい、無能症、脳瘤、二分脊椎などが含まれます。先天異常の多くは妊娠10週以前に発症しており、特に中枢神経系は妊娠6週末で完成するので、妊娠に気づいてからの葉酸服用では遅いと考えられています。少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から摂取しましょうと言われているので、妊活に向けて動き始めたら葉酸のサプリメントを摂取しはじめましょう。
葉酸のサプリメントは妊娠前~妊娠初期(妊娠3ヶ月、12週まで)までが最も重要な時期です。また、1日の摂取量は1mgを超えるべきではありません。多く摂取することがよい結果に結びつくとは限らないのです。日本では1日の推奨摂取量を0.4mg(400μg)としています。

ページの先頭へ

 

 

妊娠の適齢期を知っておく

Coming Soon

 

 

長くなってしまいましたが、1人の女性が一生の間に産む子どもの平均数は、2014年のデータで1.42人です。一生に何度とあるわけではない、いのちを育む妊娠、出産、育児の期間をいかに母子ともに健康に過ごしてもらうか。そのために、妊娠前に知っておいて欲しいことを述べてみました。
今すぐ妊娠を考えている方も、今すぐじゃなくても将来の妊娠を考えている方も、今ご自分ができることから始めていきましょう。

 

 

ご予約方法相談料について

 

婦人科お悩みカテゴリー

  • 緊急避妊(アフターピル)
  • ピル(OC・低用量ピル)
  • IUS(ミレーナ)
  • 婦人科検診
  • 性感染症
  • 妊活
  • HPVワクチン
  • 中絶手術
  • 検査費用について
友だち追加数

お役立ち動画

動画で詳しく

エナもも広告

HOME年代別お悩みご予約方法相談室アクセスアドバイザー紹介
Copyright@ エナ大通クリニック