アイピル 通販ブリッジ

アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピルのまとめ【通販ブリッジ】

アフターピル「アイピル」(i-pill)を海外から直接通販することは難しく、その購入手続きの橋渡し(ブリッジ)をしてくれる個人輸入代行業者を利用するのが通常です。アイピルの通販代行業者としては、オオサカ堂・オランダ屋・ベストケンコー・ライフパートナーなどがあり、これらの大手サイトから購入する女性が多いです。

アイピルは、行為後に避妊を可能にするアフターピルです。行為後72時間以内に使用することで、高い確率で緊急避妊を開始することができます。アイピルは早く飲めば飲むほど達成率が高くなるので、緊急の場合はなるべく早く飲むようにしましょう。アイピルは女性ホルモンのバランスを変化させ、排卵を先延ばしにして受精を防ぎます。ホルモンバランスを一時的に変化させることで、強制的に月経を起こさせ、妊娠を阻止することができるのです。

アフターピルは通常の低用量ピルとは異なり、通常の低用量ピルと同じように服用することで、その日限りの避妊をすることが可能です。そのため、いざという時のためにあらかじめアイピルを携帯している女性もよく見かけます。従来のヤッペ法は、1970年代から使われている中容量ピルを用いた緊急避妊法です。WHOが女性1,998人を対象に行った比較研究では、レボノルゲストレルの妊娠阻止率は85%、ヤッペ法のそれは57%だったそうです。これらの結果から、アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、緊急システムにおいて、従来のヤッペ法よりも高い確率で妊娠を防ぐことができる方法であることがわかりました。

緊急避妊を安価で安全に行うために、アイピルを使ってみてはいかがでしょうか。アイピルは、避妊に失敗したときに先回りして服用する緊急避妊薬(アフターピル)です。アイピルは、産婦人科で処方されるノルレボ錠と同じ成分なので安心です。同じ効能を持ちながら、1回あたりの価格が1,000円~1,500円と非常に安価なのが特徴です。アイピルに含まれる女性ホルモン「レボノルゲストレル(黄体ホルモン)」が、妊娠を引き起こす仕組みに働きかけてくれます。レボノルゲストレルが体内に入ると、ホルモンの分泌をセーブする視床下部が活性化します。視床下部にレボノルゲストレルUPが接触すると、性腺力の元となるホルモンの分泌が一時的に減少するのです。

アイピルによる緊急避妊は、行為後120時間程度まで可能です。しかし、72時間を過ぎると、時間の経過とともに妊娠不承認率が低下することが確認されています。緊急避妊の確率は減りますが、行為後120時間以内の望まない妊娠を回避できる可能性がある手段としてもアイピルは使用されます。産婦人科でノルレボ錠を処方してもらうよりも、ずっと安価に緊急避妊が可能です。事前にアイピルを通販で購入し、手元に置いておくとよいでしょう。

レボノルゲストレルは、世界保健機関(WHO)が開始した大規模な国際併用臨床試験の結果、1回の使用で高い有効性と安全性が確認され、以前から使用されている緊急避妊方法です。アフターピル「アイピル」は、アフターピル「ノルレボ」の後発品のため、リーズナブルな価格で個人輸入できます。ジェネリック医薬品は低価格であることも人気の理由の一つで、望まない妊娠を防ぐための強い味方です。

行為中にゴムが破れたり、ゴムを用意し忘れたり、男性が行為中にミスをした場合でも、24時間以内にアフターピル「アイピル」を服用すれば、95%のケースで避妊に成功します。アイピルは従来の緊急避妊薬と違い、副作用が少ないのが特徴です。服用後2週間以内に月経のような出血があるスタイルを消退出血といいます。これは、避妊が成功したことを理解するための基準とされています。

タイトルとURLをコピーしました