ピル 通販インポーター【個人輸入代行】

トリキュラー21

 

アイピル(アフターピル)

 

 

ピル通販のまとめ【インポーター】

避妊ピルは海外から個人輸入することができ、その手続を代行してくれるサイト(インポーター)を利用するのが通常です。オオサカ堂・オランダ屋・アイビューティーストアー・ベストケンコーなどでは、低用量ピルだけでなくアフターピル(緊急避妊薬)の通販もしています。

トリキュラーは、低用量ピルの中で最もよく知られた経口避妊薬です。1979年にドイツの現バイエル社から最初のトリキュラーが発売され、現在では世界90カ国以上で多くの女性に使用され、愛用されています。トリキュラーは三相性低用量ピルで、1錠でホルモン成分を3段階に分け、排卵サイクルをコントロールすることができます。赤・白・黄の3色の錠剤を服用することで、正常なホルモン分泌を誘導し、排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。

トリキュラーには、「ホルモンバランスを整える」「排卵を抑制する」「受精卵の着床を防ぐ」「女性の体内への精子の流入を妨げる」という3つの働きがあります。排卵後に女性の体に起こる予約と同様に、トリキュラーにはホルモンバランスを調整し、体を妊娠初期の状態に近づける効果があり、適切な避妊を可能にします。低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、これらの女性ホルモンを少しずつ揃えることで、ホルモンミックスを揺るがし、大きな避妊効果を発揮することができるのです。トリキュラー21は、プロゲステロン製剤であるレボノルゲストレルと、エストロゲン製剤であるエチニルエストラジオールが配合されています。

日本では、トリキュラーは、計画的な避妊を希望する女性に処方される経口避妊薬として1999年に承認・導入されました。トリキュラーは、その確かな避妊効果と約40年にわたる長いビジネスの歴史から、ほとんどの婦人科で処方される経口避妊薬として広く使用されています。トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオール0.03mgとレボノルゲストレル0.05mgです。

女性ホルモンの卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性用の発達、妊娠、出産、長く続く身体へのプラスに圧倒的に関係しているとても大切なホルモンです。これらのホルモンの増減が、月経周期を設計し、妊娠・出産を成立させているのです。

アフターピルの「アイピル」は、従来の緊急避妊薬と違い、副作用が少ないのが特徴です。アイピルを服用後、3~4日目、遅くとも2週間以内に月経のような出血があった場合、消退出血と呼ばれます。これが避妊の成功の判断基準となります。アイピルは、行為後でも避妊できるようにするアフターピルです。行為後72時間以内であれば、高い確率で緊急避妊を試みることが可能です。アイピルの服用が早ければ早いほど高まる成約率を実現するために、緊急時にはできるだけ早く服用します。

妊娠阻止率は、あらかじめ始まっていたであろう妊娠数に対して、実際に起こった妊娠数の割合で計算されます。アイピルの有効成分「レボノルゲストレル」の臨床試験での妊娠阻止率はおよそ81%であり、高い確率で緊急避妊が可能であることを示しています。アイピルは、産婦人科の医師によるアフターピル処方よりもはるかに安価に緊急避妊を行うことができます。

アイピルは、女性ホルモンの分布を変化させ、排卵を延期し、受精卵の装着床を保護します。ホルモンバランスが一時的に崩れているという理由で、強制的に月経を起こし、妊娠を止めることができるのです。緊急避妊薬であるアイピルは、通販で購入することができます。アイピルなら避妊失敗後の意図しない妊娠を、事故なく簡単に防げます。有効成分のレボノルゲストレルは、日本国内の医療機関でも緊急避妊薬として使用されています。

タイトルとURLをコピーしました